満足しない 妥協しない 流されない そして、挑戦する 努力する 貢献する
シーケイテックのことがよく分かる動画
最新情報
2015年12月
【本社・工場移転のお知らせ】
本社・工場を長野県安曇野市明科七貴6084−11に移転いたしました。詳細は会社案内をごらんください。
2014年10月
設備案内に「DURA VERTICAL5080」「VHR-AN」「リニヤハイトLH-600EG」「SFK-1」「GS-BM2」を追加しました。
2013年9月
設備案内に「QS-L4020Z/AFB」を追加しました。
2012年11月
技術案内に「シーケイテックのことがよく分かる動画」を追加しました。
2012年6月
設備案内に「NMV1500 DCG」を追加しました。
2012年3月
設備案内に「FA10S」「DWC90PA」「MEMH8N」を追加しました。
2012年1月
brotherタッピングセンタ「TC-S2DN」導入
2011年12月
第2工場稼働
ワイヤーカット・細穴放電加工部門稼働開始

現在の品質に満足されていますか?

現在の対応に満足されていますか?
「ここはこうならないものか・・・」とお困りの事はありませんか?
シーケイテックが解決させて頂きます!

もっと、もっと・・・もっと

もっと綺麗に もっと正確に もっと誠意を持って・・・
切削加工品はもっと進化できるはず・・・
その想いからシーケイテックは出発致しました。

ただの部品ではなく、高価な装置を作っているという思い

私がまだ20代の前半だった頃、あるお客様よりこんなお話をお聞きしました。

「あなたが今作っているその部品は数千円の部品かもしれない。でも、その部品たちが数百点集まって、ひとつの装置となり、お客様に納入される。その価格は数百万、または数千万円にもなる。自分に置き換えて考えてみてください。将来、ベンツやBMWを購入し、納車時には嬉しくて触るでしょう?その時に、もし小さな一部品が手にザラッとした感触を与えたらどうですか?こんな高価な物がこんな出来かって不満に思いませんか?それと同じ事です。」

今では当たり前の事ですが、このお話をお聞きした時には衝撃を受けました。それ以来、製品の製作に取り組む時は、数千円の部品を作っているのではなく、数千万円の装置を作っているのだという事を念頭に置き、製作させて頂いております。

シーケイテックの特徴

被削材と致しましては、鉄、ステンレス、アルミニウムはもちろん、ユニレートやMCナイロン等、樹脂製品も社内加工にて高品質でご提供致します。
また、数多くの協力企業との連携により、研磨、ワイヤーカット、表面処理等から、溶接、溶接後の加工、塗装まで弊社で一括対応可能です。
現状は小規模経営ですので、小ロット品のみの対応になってしまいますが、その体制ゆえに可能な「品質の安定化」「柔軟性があり小回りの利く対応」を可能にしております。
材料調達から加工、表面処理、発送まで一貫対応可能ですので、県内はもちろん、県外のユーザー様にも迅速対応が可能です。
1つ1つの製品を「シーケイテックブランド」として胸を張ってお渡しできるよう、大切に製作させて頂きます。

なぜシーケイテックなのか?
シーケイテックの「99」と「1」
「99%」以上の納期遵守率

完全な納期管理・進捗管理により、通常お約束した納期に対し遅延は有り得ません。

「1%」未満の客先クレーム

工程内・出荷前検査はもちろん、不具合品の社外流失が起こらないシステム作りをしております。

シーケイテックは非常に若い会社です。
この分野に切り込む上で、お客様が一番求めていることは、一つの特化した技術よりもこのようなことだと考え、地味ではありますが追求している一技です!!